流し撮りに挑戦 (第2弾 カート)

#WordpressとFacebookの連携のテストも兼ねて…

またまた大阪の南の方にやってきました。
googleマップで周囲を見てたら、堺カートランドというものを発見!早速行ってみました。

今日はレースは無いようですが、ブンブン走ってました。

走ってるとなると、やってみたいのが流し撮り。

ところがどっこい、被写体の大きさ(小ささ)、被写体までの距離(近い)、相対速度(速い)、と飛行機の時と比べて段違いに難しかった。

第1コーナー、ホームストレートの延長線上あたらいに位置取ってカメラを構えたのですが、トップスピードのまま第2コーナーまで突っ込んでいくので、目の前をすごい早さで通り過ぎていき、まともに撮れたのは最後の1枚ぐらい。
第1コーナーの内側を逆向きに走るあたりでは、約40m位離れているおかげで、だいぶまともになってきた。

と、ここらで、脇で見ているだけの子供達が飽きてきたようなので、今日はここまで ^^;

うーん、左右に振るときに、腰からじゃなくて、上半身だけで動いてしまっていたかも。と反省。

流し撮りに挑戦

先月、大阪伊丹空港に隣接する伊丹スカイパークでの流し撮り写真。

70mmまでしかない標準レンズなので、撮ったままだと主体の飛行機の比率がすごく小さい。
いくつか眺めていて、どうもしっくりこない。「これじゃない」感があった。

そこで、ネット上の飛行機の流し撮りの写真を改めて見直してみた。するとどれも思い切ったトリミングをしていて、場合によっては機体全体が入りきらないぐらいのものあった。

背景が不明瞭、単純化されることで、飛行機に目が行く。なるほどね。

離してくれー

偶然、流し撮りみたいになった。狙って撮るのは難しい。

王子の背中にいるのは、IKEAで買った犬のぬいぐるみ。胴体、手足が長いので、前足を首に、後ろ足をお腹辺りで王子に縛り付けてみました。自分で解くことができないので、これは嫌みたいです。
離してー、離れないー。。と泣きそうになってしまった。

もう1枚は、俺のお腹の上に乗っかって、鼻を掴んでます。
カメラは頭上にもって、適当に方向をあわせてシャッターを切ってみた。

重いし、鼻は結構強く掴むし、今度は、こっちが離してくれーです。

最近では、この体勢から立ち上がることもします。こちらの鎖骨の上とかで立ったりするので結構痛いです。