Mac

Lionのイメージはダウンロードとインストールの間にコピーしておけ?

一昨日の夜、ダウンロード販売が開始されたOS X Lion。

今年の頭に買ったMBPに突っ込んだのですが、インストールが終わったら、ダウンロードしてきたインストーラーが見当たらない。

「Install Mac  OS X Lion.app」という、約3.7GBのアプリケーションがダウンロードされるんだけど、どこ行った?

リアルタイムで呟いてみたけど、似たような情報は無し。周囲にはそこまでホットな人は居ないし、ホットな人はみな目の前のLionに釘付けだったろうからね 🙂

念のためにとっておいたバックアップから古いOSで起動して、再度Lionをダウンロードしてみました。
パッケージの内容を表示させてみたところ、

Contents -> SharedSupport -> InstallESD.dmg が 3.74GB占めていることが判明。名前からしてもこれがLionのイメージなんだろうな。
Installesd.dmg で検索すると、案の定いっぱい情報が出てくる。

8月には、USBに入ったLionが販売されるようだけど、別途費用が発生するようだ。
流れに従っていくと、勝手に消されるイメージ。HDDがクラッシュしたら古いOSのインストールから始めなくちゃいけなくなるけど、それがAppleの考える、今回の戦略なのかな?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください