(再燃)GPSを使って位置情報を得つつ、時計を合わせる (4)

123 の一連の作業でAstroberry の時計がてっきりGPSから取得した時間で調整されていると思ってたら、違ってたので、さてどうするか。

LANケーブルを抜いて、インターネットに繋がっていない状態で起動させて確認もしたんですよ?

でもね、電源を完全に落としていませんでした。rebootコマンドを送って再起動させただけだったので、時計が(殆ど)狂っていなかったのです。

またいつものINDI Forum を調べると、Using GPS with Astroberry 2.0.0 の中で以下の様に書かれていた。

Astroberry 2.0.0は組み込みのntpでtimedatectlを使用するため、RTCおよびネットワークから時刻を取得できますが、GPSから直接取得することはできません。 これは、共有メモリを介してgpsdに直接アクセスできる、古き良きntpdを廃止することの悪い面です。 私が知っている唯一の解決策はChronyですが、システムにこの変更を実装するのはユーザーに任せました。

Astroberry 2.0.0 uses timedatectl with built-in ntp so it can get time from RTC and network, but not directly from GPS. It is a bad side of obsoleting old good ntpd, which can access gpsd directly via shared memory. Chrony is the only solution I know, but I left that to users to implement this change in their systems.

なるほど。

とりあえず現状確認すると、gpsdは動いてるが、時間の同期は出来ていない。

astroberry@astroberry:~ $ timedatectl status
               Local time: Sun 2020-06-21 12:18:57 JST
           Universal time: Sun 2020-06-21 03:18:57 UTC
                 RTC time: n/a
                Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
System clock synchronized: no
              NTP service: inactive
          RTC in local TZ: no
astroberry@astroberry:~ $ systemctl status gpsd
● gpsd.service - GPS (Global Positioning System) Daemon
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/gpsd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Sun 2020-06-21 12:14:26 JST; 4min 35s ago
  Process: 568 ExecStart=/usr/sbin/gpsd $GPSD_OPTIONS $DEVICES (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 572 (gpsd)
    Tasks: 3 (limit: 4915)
   Memory: 2.0M
   CGroup: /system.slice/gpsd.service
           └─572 /usr/sbin/gpsd -n /dev/serial0 /dev/pps0

Jun 21 12:14:26 astroberry systemd[1]: Starting GPS (Global Positioning System) Daemon...
Jun 21 12:14:26 astroberry systemd[1]: Started GPS (Global Positioning System) Daemon.
astroberry@astroberry:~ $ 

さてどうしようかな。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください