WEBページをPDFとして出力するときの違い

OSX上のSafariとFirefoxを使って、同じWEBページをPDFとして出力(保存)したときに、できあがったPDFファイルが異なっていることがわかった。

とあるページを出力したら、PDF 変換(エンコーディング)は「Mac OS X 10.7.4 Quartz PDFContext」で共通だったが、以下のようにページ数とファイルサイズが違っていた。

  • Firefox : 16 ページ : 567199 Byte
  • Safari : 17 ページ : 601079 Byte

それぞれのファイルを開いて、プロパティからフォント情報を見ると、違う原因がわかった。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください