Mac PC アイテム

取り出して、更新して、入れ直して、、、面倒臭ぇ

SSD化したMacBook Pro。

キビキビ感が増したかな。

続いてBootCamp環境の構築。今回からWindows XPをサポートしなくなり、Windows7が必須らしい。SSDと同時購入のWindows7を持ってきて、インストール。。。

パーティションを切って、DVDから起動、、、、しない。あれ?
クエスチョンマークの書かれたフォルダアイコンが不定期に点滅する。なんだこれ?

どうやらSSDのFirmwareを更新する必要があるらしい。Intelのサイトをみたら、今年の1月の更新日のデータがあった。
Firmware更新の手順はだいたいこんな感じ。

  1. IntelからFirmwareのISOをダウンロード
  2. CD(DVD)にISO焼き
  3. MBPからSSDを取り外し
  4. EEEPCのS-ATAに接続
  5. EEEPCをCD(DVD)から起動
  6. Firmware更新
  7. EEEPCからSSDを取り外して
  8. MBPにSSDを接続

最初MBP内ですべて済ませられることを期待したんだけど、ISOのイメージ内のOS(Freedos)は、EFIな環境ではboot出来ないらしい。

Firmware更新プログラム自体は30秒程度で終了。その前後のネジ回し意の作業が面倒だった。。。

ともあれ、これをやったら、Windows7のDVDから無事に起動できるようになり、現在Install中。この記事はEEEPCからかいてます。
お、Installが終わって再起動がかかった。いいかんじだ。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください