HDD換装:TS-HTGL

ファイルサーバとして活躍中のTerastation (TS-HTGL)。
型が古いのと、ビジネス向け製品として出たため、DLNAの機能が無いのがツライところ。

しかし、肝心の空き容量が少なくなってきた。王子が生まれてから、写真をたくさんとるようになり、さらに最近は一眼レフに変えたので、一枚のデータサイズが大きくなったことで、急激な勢いで残りが減ってきた。

もともと250GBのHDDが4本入っていて、RAID5のため、3/4の約750GBのストレージとして使ってきました。最近では、2TB(約2000GB)のHDDが普通に入手できるようになり、1TBの製品は手頃な値段になってきました。というわけで、1TBのHDDを4本買ってきて(マザーボードを買ってきた時に一緒に購入済み:-))、入れ替えました。

DLNAに対応した新しい製品も魅力的だけど、10万円コース。
HDD入れ替えなら1TBを4台で、交通費を勘案しても2.5万円はしない。

TS-HTGLは、HDDにファームウェアが記録されているため、4本同時に抜くと起動できなくなる。そのため、最低でも1本残して入れ替えて、次に残りを入れ替えて、と2段階の入れ替え作業を行う必要がある。

入れ替えの間は、デスクトップマシンに、転がっていたHDDを繋げて、一時退避。
その仮のHDDがとんだら、データも消えるぜ。というとってもリスキーな状態だが、致し方ない。

順にHDDを入れ替えて、RAIDを再構成。

それぞれ931.51GBの容量で認識されるのは、10進数と2進数の違いだろうか。
締めて3TB弱、2.7TBのディスクスペースが確保できた。
今までの、実に4倍近い容量だ。

RAID構成後の、ディスクチェックを走らせながら、ファイルを書き戻して、
先程書き戻しは無事に終わった。
(ディスクチェックは負荷がかかるので、本当は、書き込むようなアクセスはしちゃいけないんだけどね) 
ディスクチェックは24時間ぐらい掛かりそうだな。まだまだ終わらんよ。

「HDD換装:TS-HTGL」への2件のフィードバック

  1. 数日ぶりに訪問したら、本文の端が切れることなく大きく表示されるようになっていました。私のPCの方の問題?それとも仕様を変えたのかな?
    とにかく見やすくなりました。
    私のPCがずっと不調なので、何か参考にならないかと読ませてもらっています。

  2. 使っているBlogのメジャーバージョンアップがあって、それに付いてくる標準のテーマに切り替えてみました。
    従来より横幅が増え、文字や画像などが読みやすくなった気がしますね。
    ただ黒色が強いイメージがあるので、手入れは必要な感じです。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください