SSD(S592)のファームウェアを更新

ひょんなことからSSDのファームが更新できる記事を見つけたので、早速適用。

A-DATA S592 というモデルで、昨年の7月に買って、システム&一部データドライブとして活用しているものだ。

途中OSをWindows7にアップグレードをしてる。

Windows7では、SSDに合わせたTrimという機能を持っていて、S592もファームウェアを更新すれば対応するということだ。
しかしこのモデルにはジャンパピンがなく、ずっとファームウェアは更新できない状態で放置されていたのだが、昨年の暮れに待望のファームウェア更新ができるようになったらしい。

オリジナルのRev.1279 から、1571を適用して、さらに最新の1848にするという手間と、
DOSで起動するCDなりUSBメモリを用意する手間がかかったけど、ファームウェアの更新自体はそれぞれ数秒で終わり、
SSDの中身も消えずに残っているので、準備さえ整えば簡単でした。

ファーム更新前 (Rev.1279)
ファーム更新後 (Rev.1848)

Writeの速度がいずれも速くなっているが、これがファームウェア更新のおかげなのかはわからない。体感速度も変化ないしね。

Trimに対応したことで、寿命が少し延びるかな。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください