PC

適材適所

京都市内は36度まで温度が上がったらしい。もうほとんど体温じゃん。
今年は13年ぶりの暑い夏になるらしい。エアコンなしじゃ昼間生きていられないけど、その廃熱でさらに外は熱くなり。悪循環だけど、この循環は誰にも止められないのだろうか。


さて2階から光ファイバーを引き込み、無線LANで1階の事務所まで無線で飛ばしてる。
はじめの頃は有線だったんだけど、ケーブルの長さの都合で、うまく裁けず、結局足に引っかかったりして危なかったので、撤去してしまった。

長いこと無線で使ってきたんだけど、どうもネットワークがスムーズじゃない。ブラウジングしていても突っ掛かったり、時間がかかったりする。
致命的だったのが電子レンジ。無線LANと同じ2.4GHz帯の非常に強力な電磁波が発生する機械だ。無線LANの親機と電子レンジの場所がテーブルを購入して以来、非常に近くなってから、電子レンジが稼働中は全く無線LANが使えない状態になる。
ちょっとでも距離を離せば、かろうじて繋がるが、かろうじて。

SSHでサーバにつないでコマンド打って処理している最中にこの状態になると、焦る。
実害はでなかったけど、でない保証は無い。
さらに、無線LANは体に悪いという研究もでているらしい。まぁ電子レンジは水分子を振動させる2.4GHzの電磁波を発生させて暖めてるんだから、ほぼ同じ周波数の無線LANの電波が四六時中家の中を飛び回っていたら、何かしら影響はあるのかもしれないね。

ってなわけで、30mのCategory-6のケーブルを買ってきて、それをちゃんと設置することにした。
シールで壁にくっつくフックでケーブルを固定だ。

まだ電子レンジを使った時の影響は調べてないけど、ネットブラウジングの快適さは以前に戻った。
無線と有線とで、だいたい倍ぐらい速度が違っていたみたい。
無線の速度でも十分ブロードバンドといえる速度だけど、一度早い環境になれると、もう戻れないよね。

1件のコメント

  1. 最近、更新されないのはどういうことだ!!
    更新したまえええええええぇっぇぇぇっ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください