Mac PC

初めてのMac。わからないことだらけ。

ようやく手にしたMacBook。まずは気色悪いコンピューター名を変更だ。

terminal画面を開いて以下のようにすれば、コンピュータ名を abc に返ることができる。

scutil --set ComputerName "abc"
scutil --set LocalHostName "abc"

じつはこのターミナルを開くのも一苦労だった。
結局画面右上の虫眼鏡のマークをクリックして、terminalと入力するとSpotlightというMacの検索システムが該当するプログラムを見つけ、それをクリックして実行できることがわかった。これはWindowsVistaのスタートメニューの一番下にある検索の機能に大きく与えたものだ。

次に右クリック。
Macはボタンが一つしかないが、メニューを開くにしても右クリック相当のメニューがある。Macであれば、Control + クリックらしい。
BootCamp内のWindowsだと、パッドを二本指で押さえてボタンをクリックってことらしい。
いずれもあれこれ触ってみて、組み合わせを試してようやく見つけた。<おとなしくマニュアルとかを見ればいいんだろうけど、どこにかかれているかを探すのも面倒だった。

BootCampを使ってWindows XPとの共存環境を作る際は、さすがに資料を見たよ。といってもアシスタントツールで指示通りにディスク領域作って、XPのCDでインストールして、次にMacのCDを入れて必要なドライバが自動的にインストールされ、終わり。

と備忘録的なことを書いてみたが、まぁ普段使うようなことだから忘れないんだろうな。

それにしてもBootCampでのXPは全く問題ないね。普通のメーカー製のノートを買えばそうなんだろうけど、 Bluetooth, カメラ、無線などすべてのドライバがMacのCDで提供されるので、いきなりすべてのデバイスが使えるというのはいいね。今までショップブランドのノートばかりを使ってきたけど、ドライバあつめたりするのが一番面倒だったから、非常に助かる。
VMwareFusionは在庫が無かったので、同時注文扱いで発注したけど、早く来ないかなあ。BootcampのXP環境をFusionから操作できるということなので、はやく使ってみてぇ。

今日の教訓。(別に連載じゃないけど)

「メモリはケチるな。積めるだけ積め。」

お客さんのPCを京都に送らせ、済みでメンテナンス。頻繁にある仕事じゃないけど、全自動で最新状態にはならないので、ちょくちょく手間がかかる。まぁそれはWindowsの仕様だから仕方がないとして、スワップで待たされるのがどうしても許せない。
メモリさえ積んでおけば多少古いPCだってまだまだ実用に耐えるレベルで動くのに、そういうところに金をかけてくれないから、128MBとか256MB程度しかメモリがないマシンがゴロゴロある。
とりあえず京都で作業するときは、余って使わなくなったメモリをさして1GBぐらいにして作業するようにしている。

1件のコメント

  1. そういや、おおむかし、秋葉のバイトで、マック売った憶えあり。。。でも、もうその場所すら忘れてもうた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください