Kyoto 京都

ミッドナイト念仏 in 御忌

法然上人の法要行事の一つとして「ミッドナイト念仏 in 御忌」というのがあるのをご存じですか?

4月18日午後8時~翌朝19日午前7時の間、知恩院の三門楼上で木魚をたたきながら南無阿弥陀仏を唱えるというものです。
参加費無料、出入り自由という気軽さからか、老若男女が多数並び、深夜一時に行ったにもかかわらず、中に入るまで1時間待ちでした。

極彩色に彩られた極楽浄土の世界を観るまたとない機会でもありました。

一度に約150人が木魚を叩く音は、八坂を超えて高台寺でも聞こえました。
この行事はまだ最近始まったものですが、徳川の知恩院からの音が豊臣の高台寺を超えて轟くことに京都の歴史の長さを感じました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください