Web 京都

勧誘電話って大変そう

080で始まる番号で家(会社)の電話に着信があった。
「フレッツをご利用の方に、料金が安くなるキャンペーンのお知らせです」みたいな始まりで、フレッツへの加入状況や戸建てに住んでいるかという情報を聞き出そうとしてきた。

だが、ちょっとまて、と。

こちらの契約状況もわからずに、本当に安くなると言い切れるのか?
そもそもなんで安くなるの?
等という疑問が沸いてくるわけで。

[hr]

だから逆に「なんで安くなるの?」と聞き返したところ、「アイスマートというプロバイダにフレッツ回線で契約すると、1000円ぐらい(金額はうろ覚え)お値引きします」といったようなことだった。
仕事でも使ってるとプロバイダを変更するのはいろいろ面倒なこともあるので、即座にお断り。

電話を切ってから「アイスマート プロバイダ」をグーグルで検索したら、評判悪そうなページばかりが並んでいる。
さらにgoogleのsuggestの機能もキーワードの候補として「評判」「解約」「違約金」「連絡先」といったものが並んでいる。
Twitterで「アイスマート」を検索すると、やはりこちらも「被害」「違約金」「詐欺」といった穏やかじゃない単語を含んだツイートが並んでる。

これは契約しちゃったら大変そうだなと思った。

こんな状況であってもテレアポはくるのね。
検索するまで「アイスマート」を自分は知らなかったけど、他の知らない人だったら「わぁ、安くなるんだ」と飛びついちゃうかもしれないね。オレオレ詐欺とか怪しい電話がいつ掛かってきてもおかしくない昨今、こういった勧誘電話にその場でホイホイついていっちゃうのはどうかと思うけど。

電話する方としては、多少断られようとも1件でも契約が成立したら御の字ぐらいなのかな?

3件のコメント

  1. 当方にもその手の電話がしょっちゅう掛かってきます。電話帳に登録されていない発信者の場合には留守録モードで相手が名乗るのを確認してからしか電話に出ないようにしていますが十中八九無言で切られています。発信者の番号をグルグル検索するとフレッツや光ファイバー電話の契約変更、リフォーム関係、太陽光発電、保険それに不用品回収といった業種ですが例外なく迷惑電話としてネットを賑わしていますね。家庭用電話では知らない発信者番号に対しては無視するのが賢明だと思っています。

  2. RDD方式の世論調査の電話だって掛かってきて良さそうなのに、そういったのは一度も無いんですよねぇ。

  3. 世論調査の電話は二度掛かってきた経験があります。一度目は、どうやってそちらを確認したら良いのかと質問したら返事に困ってしまった様子だったので丁重にお断りしました。二度目は昨年末の選挙の時でしたが知らない番号からの自動送話で留守録に吹き込んでありました。結果として迷惑電話以外の何物でもなかったわけです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください