京都 食卓

おいけらーまん さまた

いくつかラーメンを食べに行って、ことごとく撃沈していたところへ、久々にヒットが出た。というか、外れじゃなかった。

もともと屋台から始まったお店だという情報は前もって調べていたが、自分の生活圏からは微妙に外れていたところだったので、意外と近くにあったことに驚いた。

歴史とスープについて書かれているが、スープの中身がすごい。これだけ見ると、「大丈夫か?」という感じになってしまう。

まず、チャーシューと餃子はうまい。

ラーメンも、おいしいにはおいしい。

が、スープのメインは豚骨、、、鳥、、、、魚介、、、?
あっさりしているし、豚骨を使っているけど、あの「まずい豚骨」の臭さがない。最初から胡麻がのっているのも個人的にはちょっとね。。。

しかし、いろいろなものが混ざりすぎているせいか、特徴が無いというか、、、おいしいんだけど、この物足りなさというか、モヤモヤした感じはなんだろう。後味悪いってことはないんだけど。。。
でもいろいろ混ざったから、この味が出てるんだよね。

というわけで、ぎりぎりヒットかな。
隣のおじさんが食べていた唐揚げもおいしそうだったので、また来るかも。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください