発見!バランスボールが拡散光に丁度良い

#アイキャッチの画像はどちらもバランスボールを使用しています。違いはレフ板の有無です。

”ヒキコウモリ“な生活が続いておりますが、屋内ならではのブツ撮りを試行錯誤することに楽しみを見出だし始めた今日この頃。

ストロボの光を直接当てると、テカったり、被写体から濃い影が生まれてしまうことがあります。小さなストロボからの光ですから点光源みたいになりますよね。そこで光を拡散させて面光源のように働かせたい、と。

ストロボ無し(左)とストロボ直当て(右)

ストロボに標準で着いているディフューザーや、アマゾンで売ってる安いソフトボックスも試しましたが、小さくて殆ど意味がありませんでした。

 

そんな折り、部屋の片隅で転がっているバランスボールが目にとまりました。真っ白じゃないけど白いじゃん。透き通ってるわけじゃ無いけど、少しは光を通しそうじゃん。どれどれ…

ストロボ直当て(左)とバランスボールで拡散(右)

ちょっと色が付くけど良さそうでうす。

ストロボが無い場合とバランスボールを使用したときの違いがわかりにくいので直接並べてみると…

ストロボ直当て(左)とバランスボールで拡散(右)

被写体からの陰には殆ど影響なく、被写体の左側に面が明るくなっていることがわかります。被写体の立体感が増したような気が、しませんか?

最後は別撮りですが、どちらもバランスボールを使用していて、右側にレフ板があるかどうかの違いです。

ここまでやって振り返ってみると、ハッキリ言って照明は面倒ですね。最終的にはレフ板も追加しましたが、パラメータがどんどん増えて大変です。

混色とかを意識すると複数同時に考慮する必要が在りそうですが、ストロボの強さやバランスボールと組み合わせた向き、レフ板の向きなど、一つ一つ決めていけば良いのかな?

#次は何を撮ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です