カテゴリー
RED Comets アイテム 姫様

スプーンと靴

友人からのギフトが届いた。
スプーンはお食い初めの時に使う。
ニットの靴は、友人の奥さんが編んでくれた。王子の時にもいただいたが、今回は「女子」ということで桜色。

スプーンと靴
スプーンと靴

 

ありがとうございます。

カテゴリー
HOTEL RED Comets 京都

年末年始

年末のD-Dayはハードながらも終了でき、無事に年を越せました。
久々に京都での年越しで、久々の大雪。今年はどうなるのやら。

年明け早々、Westinに2泊しにきてます。
正月だし、ゆっくりしようってね。

ビュッフェで腹一杯食べて部屋に戻って、九時からの数少ない非正月番組の映画を見ようとおもったら、フロントから電話。「下の階のお客様から足の音や声が騒がしい」ってさ。王子が生まれて2年ちょっと、月一ぐらいのペースで泊まってるけど初めてクレームを受けてびっくり。

もし下の人がこちらと同じように連泊だったりしたら、目もてられない悲惨な新年になるので、折り返すようにフロントに電話を入れたところ、別の部屋を用意してくれた。最初のDXな部屋も当然アップブレードされた結果だったけど、今度の新しい部屋はJS。廊下の向かいの部屋は家族連れの部屋だということもわかり一安心。

9時の映画開始には間に合わなかったけど、
年越しすき焼き肉は超超超お買い得だったし、深川焼きでもお買い得をゲット、ホテルの部屋は気遣い無用のいい部屋、
なんか年末年始、調子がいいぞ!?

この調子で頑張ろう。

カテゴリー
RED Comets

披露宴

さてさて、今週末のメインイベントの友人の披露宴です。

王子の前掛けも、白黒ストライプのネクタイ仕様です。

20090627170928

新郎のお父さんにもご挨拶。

カテゴリー
RED Comets 京都

ビデオを見ながら

昨晩と今日で、友人に頼んだビデオを見た。

カメラを購入して、いきなりの本番活用。しかも室内の撮影だったので、どうなるか不安だったけど、きれいにとれてたのでよかった。

 

集まってくれたみんなが楽しそうに騒いでくれている映像を見て、このスタイルでやって良かったと改めて思った。お店の人には相当延長しちゃったので迷惑かけちゃったので、当分店に通わないと悪いなぁw

ことも達が、最後の方は兄弟だろうがなかろうが関係なく遊んでいて、途中配った風船を離さずにみんな持ってたのが印象的だった。親同士が仲良くしているのを見た子供達はその影響を受けるんだろうね。

 

今度の週末はこのビデオやデジカメで撮った写真、フィルムカメラでもとったし、友人に作ってもらったMOVIEも併せて家で上映会だな。w

カテゴリー
RED Comets THAI 京都 食卓

無事に京都に戻ってきました。

24日のパーティー、賑やかに無事終わり、ほっと一息。
コーディネーターを立てずに、ほぼすべての手配を自分たちでやったので、細かいところで不手際もあったかもしれない。でもみんな楽しくおなかいっぱい食事も堪能して、楽しく過ごせたようなので、本当、ほっと一息。

司会を頼んだ二人には感謝感謝。

2次会を丸の内のタイ料理のレストラン「バンコクキッチン」で行い、ここでも相当盛り上がりました。まぁ1次会で呑み疲れ食べ疲れてた人もいたようだけどw
その後タクシーでホテルに向かい、バーで3次会。10人ぐらいで呑んでいたので、そうとう騒がしかったんだろうなぁ。
彼女は3次会以降はいなかったけど、遠方からの友人用に押さえた部屋で4次会。ここで朝まで飲み食いして、結局俺もこの部屋で寝てしまった。

翌日曜日の昼、残った友人3人をつれて、自分の部屋に移動し、ホテル内の中華でまったりと昼食をとって解散。

羽田空港に行く途中で、司会をやってくれた友人宅に寄り、Illustratorの操作の手ほどきをちょっとする。小一時間ぐらいで、気に入ってもらえるデザインができあがって良かった。

ラス前の飛行機で伊丹に着き、バスで京都、そこからタクシー。とあとはいつもの出張帰りのコース。

こうして無事に激動の週末が終わりました。

カテゴリー
RED Comets 京都 食卓

鮑の煮貝と信玄餅

年末の忘年会に彼女を連れて遊びに来てくれた友達が、そのときのお礼といって、山梨の名産を送ってくれた。ありがとうございます。
(ドタバタしすぎて、ホストとして至らないことばかりだった前回の忘年会。皆さんアリガトウ)

贈られてきたのは、信玄餅と鮑の煮貝。

信玄餅は言わずとしれた、山梨の銘菓。だけどこれは普段よりグレードアップした、「桔梗信玄餅吟造り」。まず包み紙が違うぜ。ビニールじゃない。中は、黒蜜の色が薄くて、その代わり黄粉に丹波黒大豆黄粉(キナコっていうのに黒いw)がはいっているため、ちょっと色がついている。餅は普通のより堅めな食感だったけど、運ばれてくるときの温度が低かったからか?
甘さ控えめと上品な香ばしさはなかなかのもの。

鮑の煮貝の方は、一昨年、山梨に遊びに行ったときに、駅のお土産コーナーなどにあったのを見て初めて知ったんだけど、まだ食べたことはない。
かえって海のない甲斐国ならではの名産といった感じ。
こちはらゆっくり落ち着いた時に食べたいから、しばらくは冷蔵庫に入ってもらおう。