HOTEL 日刊 カリブNow

ステータスの差

ホテルの会員で、無印とそう出ないとの差は実感していた。Starwoodグループでは、一番助かるのが、16時まで部屋にいられること。普通は遅くてもお昼に部屋を出なくちゃいけないけど、夕方までゆっくりできるので、ぎりぎりまで部屋で仕事して、夕方から移動すれば、遅くならずに目的地に着ける。なんてことも可能だ。あとは、チェックイン、アウトの時に、カウンターに行列ができていても、会員専用カウンターに通されて、スムーズに対応してくれるってことかな。
だから、ステータスを維持する目的で、ホテルの宿泊回数を稼げるスケジュールにしたりとか、やることもある。

さてこのステータス。低級と上級とではやはり大きく違う。
彼女は東京出張で上級ステータス持ちなんだけど、普通の部屋で予約しても、チェックインすると(空きがあれば)自動的にスイートなどにアップグレードされる。

今回東京で、彼女と一泊ずつ予約した。先に彼女が予約を入れたへやだったので、デラックスルームとやらにアップグレードされたらしいのだが、どうも、俺のステータスでは、同じ部屋にアップグレードできないといわれてしまった。
あれ?俺のステータスでも部屋のアップグレードはしてくれたはずだよな?と思いつつも、当然のようにケロッと答えたスタッフにあきれて問い合わせるのも面倒になってしまった。これがステータスの違いによる扱いの違いなんだよね。

普通の部屋にとおされ、自由に飲める水や、アメニティがビジネスホテルみたいにしょぼいことなと、逆に彼女は久々にびっくりしていたようだが、「ステータスの違いだよ」というと、ようやく納得したようだ。確かに、俺のステータスでももう少しサービスが良かったような気はするけども。。。

今年のは会員の中から抽選で選ばれ、特別な柄のカードをもらえた俺だけど、こうなると、そうでない彼女の上級ステータス維持の方が重要だな。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください