ガンプラ

posted in: アイテム, 京都, 王子様 | 0

息子を組み立て担当に仕立てて、二十年以上ぶりのガンプラ。
接着剤が要らない高精度なパーツは話に聞いていましたが、他にも驚くことがたくさんありました。

ランナーとしては一つだけど、4色に別れています!プラスチックの射出成形は型の中が見えないから、コンピュータシミュレーションの進歩が大きく貢献してるという話を学生時代の工場見学で聞いたような(でもどこの会社だったか覚えてないぐらい有機化学は…)。

更に不思議なのがランナーから切り離したてなのに、可動部があるパーツ。これをどうやって作ってるのかがわからない。3Dプリンターなら可動部のある複雑な形状を作ることができますが、、

あっ、一発成形じゃなければ作れるのかな?

パーツが小さくて無意識のうちに目を細めてニッパーを握ってる自分に気がつき、隔世の感がありました。
#iphone のwordpressのアプリからの投稿。SNSへの連携や要約の扱いがよく分からない。。。

Leave a Reply